弁護士に売掛金回収の相談をしよう


個人や法的な知識がない担当者が売掛金の回収をしようと思っても、一向に解決せず、トラブルがさらに拡大する危険があります。そのようなリスクは極力避けるべきであり、もし、金額が数十万円、数百万円、一千万円の金額になれば、経営にも悪影響が発生する可能性は十分にあります。弁護士を通して、売掛金の回収をすれば、訴訟に発展した場合にも正しい法的な手続きをすることが可能ですし、請求書の送付などに関しても証拠能力となります。また、相手側が正当な回収手続きに対して不当な発言、暴言などがあれば、脅迫、威力業務上妨害として取り扱うことも十分に可能です。

弁護士に売掛金を回収してもらうことは、自社内のトラブルを解決することにもつながりますし、問題解決を早期にするためにも有力な方法であることを知って、ぜひ進めてみてはいかがでしょうか。売掛金を放置すれば、結果として雑損として会社でマイナスとして計上しなければならない不利益をこうむる結果になってしまいます。そのようなデメリットを考えると、ぜひ早い段階で弁護士に相談する、一任するという検討を考えてみてはいかがでしょうか。また、売掛金回収を行っているアディーレなど、無料相談を行っている法律事務所もあります。早期解決は余計な問題に発展するリスクを大いに解決しますので、ぜひ対処してください。